焙煎教室受講者は「すごい、凄い、スゴイ」しか言わない。私、普通の人です。

焙煎教室受講者は「すごい、凄い、スゴイ」しか言わない。私、普通の人です。
コーヒーは、線で覚える。情報の点と点を結び、一つの線で覚える。

「コーヒーは9世紀に発見された(伝説)」と言う歴史的情報を得たとしよう。
これは、コーヒーの歴史の点である情報だ。

さらに修行僧が「秘薬として使った」という事も書かれている。
またこれも、点の情報で、線で結んだとしても
「 コーヒーは9世紀に発見され 修行僧が秘薬として使った 」

としか結べないですよ。実にもったいない。

点と点の情報を結ぶなら、知識としてではなく、使える流れとして

コーヒーは9世紀に発見され、1000年以上の歴史がある。
つまり、一時的な流行で飲まれてきた飲み物ではない。
だらかコーヒー自体は、無くなる事はない。

さらに、コーヒーは秘薬として飲まれたわけだから、
1000年続いた秘薬とも言える飲み物だ。
「コーヒー屋が出来ては潰れる」と言うけれど、
コーヒーは無くならない事から、潰れるような経営が悪いとも言える。

2つのみ情報を線で覚えるなら情報知識レベルでなく、考え方を接続媒体
として使われることをお勧めする。

それを踏まえて「コーヒー豆の正体を知ると・・・人生が変わります」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。