一瞬で自分のリミッターが外れる思考法

中島流焙煎教室 コーヒー屋は売れれば・・・・・

焙煎教室をやっていて、よく言われることですが、

「中島さん、そんないい事ばっかり言っていますが

それって、売れたらっていう話ですよね」

と、言われるか、思われてるかですが、
たらればの話をしているのではありません。

現実話をしているのに
なぜか蓋をしたような否定的な言葉が
出てくるのです。

その思考法を考えてみました。

「売れなかったらどうしよう」
「本当に売れるんだろうか」
「儲けることに罪悪感を感じる」

という未来への不安が「コーヒー屋は売れればの話
になっているのでしょう。

中島流焙煎教室は、この「売れれば・・・・」の思考を
一瞬で取り除く、不思議な質問をします。

もし、永遠に*********販売することが出来たら
何をしますか。

「売れたらいいなあ」という今のままでいいんですか?

「なにもしないのはいやです。それは売らなきゃダメでしょう」

という言葉が返ってきます。
何人もの人が、全く同じ答えを返してきます。

さっきまで、売れればいいけれど・・・・の思考をしていた人が、

1人でも多くのお客さんに、このコーヒーの価値を届けるんだ
という考え方に一瞬で変わります。

この一瞬で自分のリミッターが外れる思考法。
日常生活でも絶対に役立ちます。

中島流焙煎教室、教えていることは
コーヒーの事だけではありません。面白いですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。