喫茶店 専門特化をすれば再生できる

喫茶店

昔はお客が来たが今は開店休業状態
復活させるにはどうしたらいいのか

と言う案件がいくつか入ってきています。

私は「立て直し屋」ではないので、
焙煎しか出来ませんが、
出口は必ずあります。

例えば 専門特化。

○○専門の喫茶店。
私で言えば、自家焙煎専門のコーヒー屋です。

今で言えば「サードウェーブ・スペシャリティー専門」ですね。

お客の目線と言うのは

「専門店」 =私にとっての特別な店

と言う印象があるので、

その店でなければならない理由になるのです。

例えば、同じコーヒー豆でも
「2年連続全国の焙煎コーヒー屋が一斉に買いに走った為
発売日を待たずして、予約の段階で売り切れてしまった」

幻のスペシャリティーコーヒーが飲める店

しかも市内には、その店しか無い

と、なったら
お客さんは、喜んでコーヒー屋に行くことでしょう。

しかも、その専門店は、コーヒー豆に特化しているので
日本ではほぼ飲む事の出来ない
その豆のコーヒーチェリーティーカスカラまで

飲めるとしたら、より専門性が高くなり、
お客さんに選ばれる店になるでしょう。

自分がお客として、物やサービスを買う時
あるいは、病気になった時でも構いません。
考えてみてください。

出来る事なら

名医や専門家

から物やサービスを受けたいと思うはずです。

だから

専門特化をすれば再生できる

という事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。