初めてお店をオープンする人の多くの人が勘違いしている「致命的発想」

初めてお店をオープンする人の多くの人が勘違いしている「致命的発想」

「オープン最初は少なくとも、その後徐々に売り上げ拡大」

もし、こんなことを考えているなら凄く危険な発想です。

大手企業のファミレスにいたからデータ的に
解るのですが、知名度のあるファミレスでも

「オープン景気が最大で、その後1/3まで減少が通常の売り上げ」

「がんばってV字回復」とか「毎月売り上げ拡大」なんて安易に考えて
いるなら、「致命的発想」をしている事になります。

説明します。

先ず、お店のオープン。
珍しいのでオープン景気が起こります。
リピーターの二度三度も良いでしょう。

しかし、お客さんが日常的にお店が見え始めたときに
何が残っていますか?お店の武器は!

お店はオープンしてから拡大していくものじゃないんですよ。
現状維持=衰退なんです。

この図式を理解してから、どうお店を進化させていくかを考えないと、
バクっと「豆屋をやりたい」だけでは、お店は続きませんよ。

あなたは、お客さんが飽きない、お店の武器を何個持っていますか。

コーヒーがダントツに売れる商品

だったり

リピーターが付く書籍だったり

「次に来たときは、このコーヒーを頼もう」と期待させたり

お客さんが固定化して、リピーターになるような店づくりをします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。